« キイチゴ | トップページ | ホトケノザが咲きました! »

2015年2月 6日 (金)

立春

気温の谷底をグラフ化してみました。
Risshun2
上の2本が最高気温について。
下の2本が最低気温について、です。
冬至から立春直後まで。
去年2014年の12月から東京の平年値が変更になったので、気温の谷底がどう変化したか、詳しく見てみたかったのです。
この間の経緯は下でどうぞ↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-0cc0.html
2015年1月15日 (木)「2014年の気温・湿度の記録」
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-db03.html
2015年1月15日 (木)「東京の観測地移転」

グラフ中、谷の始まりと終わりを矢印で示してあります。
最高気温の旧平年値では1日だけ0.1℃低い日がありますが、それを含んでの谷底です。
新平年値では谷底を抜けるタイミングが早くなったようです。
また、平らな部分も少し短めのようです。
コンクリートの熱的な「慣性」{暖まりにくく冷めにくい}から出て、土に囲まれた環境に移ったせいでしょうか。

そして、立春の2月4日にはゆるやかに上昇が始まっています。
冬至冬中 冬始め、とかいいますが、さしづめ
立春冬中 春始め、ですね。
前半は「暦の上では」という常套句です。
そして、後半が気温変化の事実です。
太陽が冬至から45度進みました、その「点」につけられた名前が「立春」。
その「点」を含む日を通常「立春」と呼ぶわけですね。
冬至以降、地表に降り注ぐ太陽のエネルギーが少しずつ増えてきまして、それが気温の変化として現れ始めるのが「立春」のころ。

まさしく春が立ちました。

« キイチゴ | トップページ | ホトケノザが咲きました! »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キイチゴ | トップページ | ホトケノザが咲きました! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ