« √2 の話:その23:筆算による開平法 | トップページ | お年玉切手 »

2015年2月19日 (木)

イワレンゲ

0203_4iwarenge 2015.2.3
だんだんてっぺんが近づいてきます。
なんとなく「哀しさ」をはらんだ美しさ、になってきてしまいました。
下の方は枯れ色になってきています。

0210_9iwarenge1 2.10
少し前に、イワレンゲの花のオシベが輝いて見える、とご報告したことがあります。
その輝きの別の見え方がありました。
上の写真、何か「光る糸」のようなものが何カ所かに見えるようです。
0210_9iwarenge2
イワレンゲの花は閉じていたものがゆっくり開いていきます。その過程で、メシベの蜜のようなものが、糸を引いて固まるのかもしれない、という気がしました。
今、虫がいませんので、虫が粘っこい液体から糸を引いた、とは考えにくい。
動きがあるとすれば、開花という運動かな。
で、そんな想像をしたわけです。
単なる推測ですから、事実だとは思わないでください。
事実は、花の集合の中に輝きが見える、ということだけです。

« √2 の話:その23:筆算による開平法 | トップページ | お年玉切手 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« √2 の話:その23:筆算による開平法 | トップページ | お年玉切手 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ