« 1月3日 | トップページ | 帰り道 »

2015年1月 7日 (水)

1月4日の初詣

★三が日も過ぎ、一応、密蔵院へでも初詣に行こうかな。
「儀式」ダイキライじいさんですが、まあ、年の初めだし。
と二人で出たら、密蔵院ではお葬式。
人の生まれると死ぬとは予定の立たないものです。
介入などせずに、そのまま自然に、がよろしい。
生き仏様を大切にするのが一番の大事。
とはいえ、他家のお葬式の脇で初詣もなんだかなぁ、と向きをかえまして。

東光院へ
0104_6senryou 2015.1.4
門をくぐると目の前に黄色い実のセンリョウ。
いっぱい稔っていました。
0104_7asebi
ここにもアセビがあります。
レンズを向けていたら
わぁ、ロウバイだわ!と妻の声
0104_8roubai1
え、なになに、と見に行けば、ほんとだぁ!
0104_8roubai2
一輪咲いていました。
蝋細工のような透明感。
蝋細工のようだから「蝋梅」だと思っておりましたが。
季節の花300のサイトによりますと
http://www.hana300.com/roubai.html

「”蠟細工”のような、梅に似た花」から「蠟梅」の名になったらしい。
また、臘月(ろうげつ:陰暦の12月)に梅に似た花を咲かせるところから、とも。

はあ、そういう説もあるんですね。

ろう‐げつ【臘月】ラフ‥
陰暦12月の異称。
広辞苑第六版より引用

知らなかった。物不識。
とはいえ、この日1月4日は旧歴では11月14日でして、まだ臘月じゃないんですけどね。
ま、いいやぁ。
0104_10namitentou
ナミテントウが梅の木のくぼみにはまり込んでいました。
これが越冬中の姿なのでしょうね。まだちょっと先は長い。頑張ってね。
0104_11benikanamemoti
ベニカナメモチでしょうか。
紅い葉が鮮やかでした。

神も仏も信じてはいません。「この世に神も仏もあるもんか」と見栄でも切りますかね。
特に既存の日本仏教なんぞ、仏教の名に値しないのではないかなどと不遜なことを思っているへそ曲がりじいさんです。ただ釈迦が実際に自分で歩んで刻みつけてくれた道に、1、2歩くらい踏み込んでみたいなと思う爺さんの初詣でした。

« 1月3日 | トップページ | 帰り道 »

人事」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月3日 | トップページ | 帰り道 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ