« √2 の話:その8:黄金数・白銀数・貴金属数 | トップページ | 樹木 »

2015年1月13日 (火)

弦月

0113kagen
今朝(1/13)8:05の月です。
今日は旧暦11月23日。望から8日。下弦ですね。

げん‐げつ【弦月】
上弦または下弦の月。ゆみはりづき。<季語:秋>
広辞苑第六版より引用

上弦・下弦というのはなかなか厄介で。
月に対する親和度の低い生活していますから。
しかしまぁなんですなぁ、寒中に弦月の話をしますと「季違え」らしいですな、不自由じゃのう。{敢えて年寄語で}

じょう‐げん【上弦】ジヤウ‥
新月から満月に至る間の半月。日没時に南中し、月の右半分が輝く。真夜中に弦を上にして月の入となる。太陰暦で毎月7日・8日頃に当たる。初弦。かみのゆみはり。かみつゆみはり。

か‐げん【下弦】
満月から次の新月に至る間の半月。日の出時に南中し、月の左半分が輝く。太陰暦で毎月22~23日頃に当たる。弦を下にして月の入となる。しもつゆみはり。
広辞苑第六版より引用

私自身の理解はと言うと。
朔から望までの「つきの前半=上」の弦月を上弦、望から朔に至る「つきの後半=下」の弦月を下弦。
上旬・中旬・下旬というときの「上・下」の意味ですね。こう理解しています。

沈んでいくときに「弦(直線部分)」が上になるか下になるか、ともいいます。
冒頭の写真では、これから右へ下へと回っていって沈みますので、沈むときには弦が下になります。あってますね。

★今月20日が大寒で朔です。旧暦の12月が始まります。
小寒が6日。← 寒中 →大寒が20日。
寒中水泳とか、寒中の禊(みそぎ)、というのはこういう時期のものですね。

11日の日曜日、今年の泳ぎ初めに行ってきました。今年の第1回(通算1003回)ですから無理せずちゃぷちゃぷと、温水プールでの「温水による寒中禊」をして参りました。
1・11にちなんで、1110m泳ごうかと思ったのですが、それはそれで難しい。で、1200m泳いできました。
1110を内に含んでいる、ということでいいでしょう。{1111m11cm11mmも含んでおりますよ}

今年も、ちゃぷちゃぷといく「高齢者組」の年少じいちゃんです。
70代の方もおられます、80代の方もおられます、なんと90代の方も水中での体操に来ておられます。
あらあなたまだ若いわよ、と言われてしまうのです、先輩方からは。

« √2 の話:その8:黄金数・白銀数・貴金属数 | トップページ | 樹木 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« √2 の話:その8:黄金数・白銀数・貴金属数 | トップページ | 樹木 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ