« ヤブラン | トップページ | √2 の話:その12:√2の求め方。★Simpleな考え方:その1 »

2015年1月22日 (木)

ヤエムグラ

1227_13yaemugura1 2014.12.27
幼い状態での判別は苦手です。
でも、これはヤエムグラで間違いないと思いますが。
6枚の葉が輪生しているようですが、大人の草だと8枚じゃなかったか。
1227_13yaemugura2
一緒に生えているのはホトケノザ。
葉の数が・・・。4枚やら5枚やら。困ったな。
1227_13yaemugura3
カタバミさんもご一緒に、かかしさんに写してもらいましょ。

0114_8yaemugura 2015.1.14
年を越したら、心なしか逞しくなった気がします。
目立たない地味な花ですが、なかなか味わい深い。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/rubiaceae/yaemugura/yaemugura2.htm
↑ここに「ヤエムグラの芽生え」の写真があります。
これをみて、すっごく安心しました。
葉が4,5,6枚いろいろある写真が載っている。

 ヤエムグラは11月頃から芽生え始める。双葉は丸く、ヤエムグラのイメージはない。出始めた本葉は成葉に比べて丸く、葉の先端の棘状の突端も目立たない。葉の枚数は、最初は4枚しかないので、ヨツバムグラの仲間と間違えそうである。やがて、葉の枚数は5枚、6枚と増え、やがて8枚の輪生となる。この頃になると、表面や葉縁の棘はしっかりとヤエムグラの顔をしている。

「先端の棘状の突端」というのが私の1月の写真でも大分目立ってきていますね。
大丈夫そうです。これはヤエムグラです。

« ヤブラン | トップページ | √2 の話:その12:√2の求め方。★Simpleな考え方:その1 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤブラン | トップページ | √2 の話:その12:√2の求め方。★Simpleな考え方:その1 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ