« πの近似分数など | トップページ | スイレン10,11輪目のつぼみ »

2014年12月 5日 (金)

ツマグロヒョウモン、蛹の脱け殻

1118_15nukegara1 2014.11.18
ケースの底に羽化していった蛹の脱け殻がありました。
丸い「穴」が見えていますね。
1118_15nukegara2
拡大するとこうなります。
「穴」ではなくて、透明な「窓」なのです。
ツマグロヒョウモンの蛹は「光る蛹」として有名なのですが、この透明な窓の部分が光を反射して光って見えるのです。
自分で発光しているのではありません。透明な窓の屈折率の差かなんかで、効率よく反射が起こり、また窓の曲面も独特で効率よく光を反射するのでしょう。
実に不思議な仕組みです。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/72nd/sci_72.htm
「理科おじさんの部屋」第72回

ここで蛹が光る仕組みの仮説を考えて見ました。
単なる「妄想」のようなもので裏付けがありませんが、よろしかったらどうぞ。

« πの近似分数など | トップページ | スイレン10,11輪目のつぼみ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« πの近似分数など | トップページ | スイレン10,11輪目のつぼみ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ