« クサギカメムシ幼虫 | トップページ | ハラビロカマキリ »

2014年8月22日 (金)

アオドウガネ

0812_3aodougane 2014.8.12
暑い、汗たらたら。
というように見えませんか?
ではなく、雨滴です、もちろん。
どうもこのアオドウガネという昆虫、ぐだぁ~っという感じを受けることが多いなぁ。
暑さにめげているこちらの感情を移入してしまうせいですけど。
毎日汗だくで、伸びてます。

★「汗だく」って書いて、そうだ、「つゆだく」って聞くようになったけど、ありゃナンダ?
と検索しました。

つゆだく
1.汁がとても豊富にあること
2.主に吉野家又そのほかの牛丼屋で使われる注文のアレンジ。
  肉汁が通常より多く盛られる。
  元は店員の賄いのバリエーションで使われた用語らしい。

実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
汁だく
読み方:つゆだく
俗に、牛丼屋の牛丼で具材の汁を多めに入れてもらうこと。つゆがだくだくの状態、あるいは、つゆ沢山の意味とされる。

日本語俗語辞書 ≫ ツで始まる俗語一覧 ≫ 『つゆだく』の意味
『つゆだく』の解説
つゆだくとはもともと牛丼チェーン店で、客の好みに合わせ、牛丼の汁を多めに入れるサービス(正式にメニューとして存在するものではない)のことをいう。ここから、たっぷりの汁のように、汗が大量に溢れ出すことや溢れ出したさまをつゆだくという。高市早苗議員が2006年に内閣入りした際、就任会見で大量の汗をかいていたこつから“つゆだく大臣”と呼ばれた。
また、汗以外に怪我などで大量の血が噴き出すさまもつゆだくという。

思い出しましたよ。冬場にコンビニののぼり広告でおでんが「つゆだく」って書いてあったんだ。で、どういう意味だ?と通りかかるたびに思っていたのでしたっけ。

アハハ、だな。
私ゃ「つゆだく かかし」なんだ。
{もう大分枯れてきたけどなぁ。}

« クサギカメムシ幼虫 | トップページ | ハラビロカマキリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クサギカメムシ幼虫 | トップページ | ハラビロカマキリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ