« ニシン:鯛の鯛 | トップページ | リンク集 »

2014年8月 8日 (金)

キョウチクトウ

0725_22kyoutikutou 2014.7.25
つぼみ群。花より濃い色ですので、なお鮮烈。

一昨日は広島に原爆が投下されてから69年でした。
子どもの頃かなぁ、キョウチクトウがきれいだ、といったら母親に注意されたことがあった。
原爆の焼け野原に最初に咲いたのがキョウチクトウだった。だからキョウチクトウを見るとそのことを思い出して辛くなる人がいる。無邪気にきれいだというわけにはいかないんだよ。
好みの分かれる花だと教わりましたっけ。

★「夾竹桃のうた」
↓ここで聞けます
http://www.utagoekissa.com/utagoe.php?title=kyochikutounouta
作詞:藤本洋、作曲:大西進

1番)夏に咲く花 夾竹桃 戦争終えた その日から 母と子供の おもいをこめて 広島の野に もえている 空に太陽が 輝くかぎり 告げよう世界に 原爆反対を

2番)夏に咲く花 夾竹桃 武器をすてた あの日から 若者たちの 願いにみちて 長崎の丘に もえている 空に太陽が 輝くかぎり 告げよう世界に 原爆反対を

3番)夏に咲く花 夾竹桃 祖国の胸に 沖縄を 日本の夜明け 告げる日を むかえるために もえている 空に太陽が 輝くかぎり 告げよう平和と 独立を

別詞)夏に咲く花 夾竹桃 非核を誓う 町々が くまなく地上 うずめつくして 明日(あした)を歌えと 燃えている 空に太陽が 輝くかぎり 告げよう世界に 原爆反対を

★「夾竹桃の子守唄」というのもあります。
http://h-s-o.net/ryuto/ja/soundphoto/index.html
加藤 江利子 作曲
石井 みち子 作詞
このサイトには、石井みち子さん本人からのコメントもあって、是非御一読いただけたら、と思います。

http://blog.goo.ne.jp/kenken1948/e/8ecbef43561b501ae0f3b09c035aa44b
<キョウチクトウ(夾竹桃)> 広島市の花 原爆の焦土にいち早く蘇った復興のシンボル
2012年08月01日 | 花の四季
【枝や葉には強い毒性、バーベキューの串代わりにして中毒死も】
 広島に原爆が投下されたのは67年前の8月6日。当時、草木が生えるまでに数十年かかるといわれた。そんな中で夾竹桃はいち早く蘇って、市民に復興への勇気と元気を与えた。毎年この時期になると、平和記念公園の周辺やメーンストリートの平和大通などでは「市の花」夾竹桃が一斉に咲き誇る。「夾竹桃ピカドンの日をさりげなく」(平畑静塔)。夾竹桃は広島市のほか、千葉市や鹿児島市、兵庫県尼崎市などの市の花にもなっている。

「原爆の焦土にいち早く蘇った復興のシンボル」
これですね。逆につらい思い出の引金にもなりうる。

« ニシン:鯛の鯛 | トップページ | リンク集 »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニシン:鯛の鯛 | トップページ | リンク集 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ