« オオスカシバ | トップページ | オオシオカラトンボ »

2014年8月29日 (金)

ハナツルソウ

0819_10hanaturusou1 2014.8.19
緑と赤の対比が鮮やか。
0819_10hanaturusou2
最初の開花からちょっと間を置いて咲いてくれました。
暑すぎたかしら。

0820_21hanaturusou 8.20
一日花ではなく、しばらく咲いているようです。
「小さなマツバギク」と認識した時からすれば、名前はわかったし、前進しましたが。
どうもハナツルソウという名前はしっくりこないんですね。

http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-hanatsuruso_large.html
ハナツルソウ(花蔓草)

ハナツルソウとは、ナデシコ目ハマミズナ科アプテニア属の多肉植物です。
学名:Aptenia cordifolia, Mesembryanthemum cordifolia
別名:Aptenia、花蔓草、Sun Rose、Baby Sun Rose、アプテニア・コルディフォリア

ハナツルクサ(花蔓草) ハナツルクサ(花蔓草)
ハナツルソウ(花蔓草)は、夏~秋にかけて、葉の下から、 マツバギク(松葉菊)  に似た赤い小花を覗かせる草丈の低い ナデシコ目ハマミズナ科アプテニア属の這性半耐寒性常緑多年草(多肉植物)です。
葉は、肉厚で、光沢があり、ゴムのように弾力性があります。
花色は、代表的な赤花の他に、桃色もあります。

原産地は南アフリカだそうです。
「蔓」というイメージがしっくりこない。
蔓性植物には見えないよなぁ。
「這性」という表現があります。這うように広がるということでしょうか。
それを「蔓」といったのかな。
もうちょっと、花のイメージと一致した名前にしてほしかった、と思う私です。

« オオスカシバ | トップページ | オオシオカラトンボ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオスカシバ | トップページ | オオシオカラトンボ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ