« 思い出しまして(最高の最低気温) | トップページ | オジギソウ »

2014年8月14日 (木)

クサカゲロウ

0730_19kusakagerou1 2014.7.30
正式には
アミメカゲロウ目(脈翅目)>アミメカゲロウ亜目(扁翅亜目)>クサカゲロウ科>ヤマトクサカゲロウ
だろうと思います。

ヨツボシクサカゲロウの可能性もあります。「顔面」がきちんと確認できていません。
素人としては「クサカゲロウ」で済ませておきます

http://www2.atpages.jp/kjrshoji/yy-kontyuu/tonbo-kagerou-amime/html/yamatokusa.htm

ヤマトクサカゲロウ(ニッポンクサカゲロウ) Chrysoperla nipponensis クサカゲロウ科 前翅長18~23mm 頭下部に大き目の黒斑(複眼に接する)、頭楯両脇に太目の黒褐色条があり、屈折するように連続する。小腮鬚・下唇鬚とも淡褐色だが小腮鬚側面は暗褐色で、肉眼では褐色に見える。前翅の段横脈は黒色。成虫越冬で、冬期には体が黄褐色になる。終齢幼虫は8~11㎜で塵は背負わない。幼虫は主にアブラムシを捕食し、成虫は甘露を舐める。卵は疎らに産み付ける。繭は茎や葉上に裸出して付着させる。

http://www2.atpages.jp/kjrshoji/yy-kontyuu/tonbo-kagerou-amime/html/yotsuboshikusa.htm

ヨツボシクサカゲロウ Chrysopa pallens クサカゲロウ科 前翅長18~23mm 体は緑~黄緑色で前胸背中央に黄条、顔面に4黒斑がある。翅脈は淡緑色。卵は葉裏などの横長のスペース1ヶ所に集中的に産み付けられる。

0730_19kusakagerou2
触角がすごく長いので、この写真では触角を省略。
0730_19kusakagerou3
横からのショットは撮れました。
これからは、「クサカゲロウ」を見かけたら、お顔を拝見したい、とお願いしなくちゃなりませんね。
思うようにはいかないでしょうけど。

« 思い出しまして(最高の最低気温) | トップページ | オジギソウ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出しまして(最高の最低気温) | トップページ | オジギソウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ