« ツマグロヒョウモン | トップページ | ツマグロヒョウモン羽化 »

2014年7月10日 (木)

ツマグロヒョウモン蛹化

0629_12tumaguro1 2014.6.29
ツマグロヒョウモンの蛹はぶら下がり型ですので、この写真の姿が標準的。
後でちょっとお話しますが、白い点が5つ見えています。
5対ですので、10個あります。これが「光る」。
0629_12tumaguro2
こちらの蛹はケースの壁面で蛹化してしまいました。
そのため、幼虫からの脱皮の最後で、足元にたまった脱け殻を「またいで」落とすべきところが落とせなかったようです。
{この「またいで」というのがまた微妙な動作で、難しい。}
本来ちゃんとぶら下がるはずのものが、壁面で蛹化しましたので、体に「ねじれ」が加わっていないだろうか。それは体内での成虫の体の形成に悪影響を及ぼさないだろうか、と心配になりました。
0629_12tumaguro3
ちょっと虹色っぽく写っている突起。
形状が光を効率よく周囲へ産卵させる形状のようです。
そして、透明な突起の部分の屈折率や、中の状態、そして外が空気であること、などの条件で光が効率よく反射されています。
水中に空の試験管を入れると、全反射で輝きますね。あれと同じじゃないけれど、似たよな状況を作り出しているのではないか、と考えています。

« ツマグロヒョウモン | トップページ | ツマグロヒョウモン羽化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロヒョウモン | トップページ | ツマグロヒョウモン羽化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ