« アゲハたち | トップページ | メダカ »

2014年7月 4日 (金)

ホウセンカ

0618_2housenka 2014.6.18
玄関脇のホウセンカ。「距」がある花です。

0617_18kinrenka 6.17
キンレンカ。この時は「距」を撮影していませんが、長~い距を持つ花ですね。
距の中に蜜があるとすると、訪花した昆虫の口吻は距まで届かなければなりません。
特定の花と昆虫が「共生関係」にあるということですね。

http://ghop.exblog.jp/5870758/
距の長さの進化:ダーウィンの仮説の検討

・・・
Angraecum sesquipedaleというランの一種は長い距を持つ。ダーウィンは1862年、この長い距の奥に届く、長大な口器を持った送粉者の存在を「予言」した。ダーウィンはある長さの距を持つ植物の送粉者の「競争」によって長くなったのだと考えた。
・・・
彼の予言通り、1903年にXanthopan morgani praedicta という22cmもの長い口吻を持つスズメガが発見された。
・・・

有名な話です。どういう「淘汰圧」がかかったのか、完全に明らかというわけではありませんが、花と昆虫の「共進化」であることは間違いないでしょう。

« アゲハたち | トップページ | メダカ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハたち | トップページ | メダカ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ