« セミの初鳴き | トップページ | 脳と浮力 »

2014年7月16日 (水)

塩梅

ある「高齢者雑誌」の広告が目に入りました。
「レモン塩」だそうです。
「何でもおいしくする万能調味料」だというのですが。

高齢者を馬鹿にすんなよ、と言いたい。
編集者諸氏、君たちは「あんばい」というものを知らんのかね。

あん‐ばい【塩梅・按排・按配】
(「塩梅」(アンバイ)はエンバイの転で、「按排」「按配」とは本来別系統の語であるが、混同して用いる。「案配」は代用字)
①塩と梅酢で調味すること。一般に、料理の味加減を調えること。また、その味加減。「―を見る」
②物事のほどあい。かげん。特に、身体の具合。「いい―に会えた」「―が悪くて寝ている」
③ほどよく並べたり、ほどよく処理したりすること。「材料をうまく―して話す」「仕事の―を考える」
   広辞苑第六版より引用

梅の酸味はクエン酸。レモンの酸味もクエン酸。
クエン酸と塩の組み合わせで味を調(ととの)える。調味の基本。
昔っからのことですよ。
現在不愉快に流行っている「和食」の基本ですナ。
そこに醤油・味噌などから「アミノ酸」の旨味を加えれば、おいしい和食ができるんです、っ!
高齢者たるもの、そのくらいのことは充分に知っておるんよ。
君たちまだまだ尻が青いのう。
{モンゴロイドの赤ちゃんのお尻が青いのは「蒙古斑」といって、普通のことなのです。決して虐待でお尻を叩いたわけではありません。}

« セミの初鳴き | トップページ | 脳と浮力 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セミの初鳴き | トップページ | 脳と浮力 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ