« シラン | トップページ | カエデの実 »

2014年6月 5日 (木)

ナミテントウ

0514_15namitentou 2014.5.14
ナミテントウは斑紋の変異が大きすぎて、確定的なことは私には言えません。
家の周囲で普通に見るテントウだから、まず間違いはないはずだ、と思っているだけです。
上の写真の個体も、大きな赤い斑紋二つ、のタイプかと思えば、後ろの方に小さなかい赤い点があるんですね。
そうすると四紋型なのでしょうね。

0515_14hane1 5.15
タチアオイの葉の上にナミテントウの翅が落ちていました。
二紋型の個体の翅のようですので、冒頭の個体とは別の個体のものでしょう。
0515_14hane2
表側から見ると、いつも見かけるナミテントウの翅、てかてかツヤがあって赤い斑紋。
ところがですね、裏返して見ますと
0515_14hane3
裏側。ツヤはありませんが、赤い斑紋がくっきり。
この赤い斑紋、翅の表の表面にだけ現れているのではなく、翅の表裏を貫いて存在しているんですね。
表面に印刷したようなものではなく、翅の構造そのものとして赤いんだ。
これは初めて知りました。
私は標本をつくるたちじゃないから、死骸に接するチャンスはほとんどありません。
標本作りをしていたら、たまに羽が落ちて裏側を見る機会もあるかもしれませんが。
いやぁ、知らなかった。そういうものなのだなぁ、とやたらと感慨深かったです。
模様は翅の表裏を貫いていました。

« シラン | トップページ | カエデの実 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シラン | トップページ | カエデの実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ