« モノサシトンボ | トップページ | 薬膳 »

2014年6月30日 (月)

年の臍

★今朝の朝日新聞「天声人語」(2014年6月30日)を読んでいて「?」。

 へそは体の中心にある。「六月みそかは年の臍(へそ)」とは、6月30日は1年の真ん中で、今年も半分が過ぎたことをいう。・・・

31 + 28 + 31 + 30 + 31 + 30 = 181
今日は今年の181日目ですね。
365日の「真ん中」は
182 + 1 + 182 = 365
ですので、183日目の日が「真ん中」。
183日目は「7月2日」ですね。{閏年は考えていません}
「6月も終わりだ、今年ももう半分過ぎたんだなぁ」というのはわかりますが、「臍」と指定したらやはり「7月2日は年の臍」の方がいい気もする。こういう「原則主義」って理系特有ですか?

★電波時計は何を伝えているのか
理科年表2014年版の天81(157)ページから
分・時・1月1日からの通算日・パリティ・(予備ビット)・年(西暦下2桁)・曜日・うるう秒
こういう情報が送られてくるんですね。
通算日から何月何日かを計算して表示しているわけです。その際に西暦下2桁から閏年かどうかを判断している。
今のグレゴリオ暦では、400年の間に97回の閏年が来るようなルールになっています。

    西暦年が4で割り切れる年は閏年
    ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年
    ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年

西暦2000年を平年だとしてしまったプログラムがたくさんあって、混乱が生じましたっけね。
次は2400年ですから、まあ当分大丈夫ですね。

http://jjy.nict.go.jp/jjy/trans/timecode1.html
ここに「通常時(毎時15分、45分以外)のタイムコード(例)」という図があります。理科年表に載っているのと同じものです。面白いですよ。

★別件:1
日月火水・・・という「曜日」は、いつから連続しているのだろう?
私みたいな単純な脳みその人間には
  毎年1月1日は日曜日
みたいな約束の方が楽でいい気がしてしまうのですが。
カレンダーも、平年用と閏年用の2種類で済むし。

★別件:2
カレンダーは何種類あるでしょう?
1月1日が、日月火・・・と。7種類。
それに閏年用を考えると。
結局、14種類のカレンダーが必要なんですね。

« モノサシトンボ | トップページ | 薬膳 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノサシトンボ | トップページ | 薬膳 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ