« 雨上がりの花 | トップページ | 番組表を縦に読む »

2014年6月 4日 (水)

雨上がりの豆

0513_9sweetpea1 2014.5.13
スイートピーの豆です。
0513_9sweetpea2
前の記事の、花弁の撥水性との違いは歴然ですね。
水滴が真ん丸。
超撥水性といっていいでしょう。
なぜだ?
おそらく豆に生えている「毛」のせいです。
花弁だってある程度の撥水性はあるわけですが、「面」ですね。
ところが、毛が生えていると水との接触が「点」に近くなる。そうすると撥水性が強まるんですね。
フラクタルな凹凸面の超撥水性というのが有名です。
ハスの葉の超撥水性も、葉の表面の微細な凹凸のせいですね。

817aosujihane 2007.8.17(DiMAGE Z3)
これ、以前に撮影したアオスジアゲハの翅の超撥水性の写真。
鱗粉が並んで、表面に微細な凹凸があるためにこんなに水をはじくんです。
チョウの翅は超撥水性。ですから、多少の雨の中を飛んでも、濡れて羽が重くなってしまうということはない。すごいでしょ。
水滴の形など見ながら、そんなことにも思いをはせてください。身近なところに自然の不思議はいっぱいあります。

« 雨上がりの花 | トップページ | 番組表を縦に読む »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨上がりの花 | トップページ | 番組表を縦に読む »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ