« 八重桜・南殿 | トップページ | ある恋の物語 »

2014年2月14日 (金)

ホワイト・バレンタイン・デー

★今、東京は雪です。先週に続いてまた「大雪」になるかもしれません。
0214_yuki1 2014.2.14
かなりのものです。

で、今日はバレンタインデー。
雪のバレンタインデー」ですから「White Valentine Day
ビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」を思い出しますね。
I'm dreaming of a white Christmas ♪

I'm dreaming of a white Valentine ♪
と替え歌にして口ずさんでみてください。
0214_yuki2

★どうしましょ。バレンタインとホワイトデーが一緒になってしまいましたが。
ま、いいさ、恋人たち、恋人未満たち、せっせと贈り物合戦して盛り上がってください。
{独り言:「勝手にしやがれ」沢田研二調で。}

★まぁ、かかしから読者の皆様へのプレゼントは相も変らぬ品でして。
Mathheart2
「数学的ハート形」です。
ちゃんと座標軸の定まった、愛ある人生を送ってください。

座標軸など無粋だと邪魔な方は
Mathheart3
こちらで。

過去に↓
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/freestdy/MthHeart.htm
数学的ハート形(バレンタイン・デーにちなんで){2007.02.14(水)}

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-a9b9.html
2012年2月17日 (金)「数学的ハート形」
↑この2回かな、扱っています。

y = SQR(ABS(x)) ± SQR(6 - x*x)
こういう式であらわされる図形です。
{SQRは「√」のことです。Square root です}

右辺・第一項は横倒しの放物線ですね。
Upperpart
右辺・第二項は円です。
Lowerpart
この二つを「足す」とハート形の上の部分になり、「引く」とハート形の下の部分ができます。
今回は、右側だけ計算して、対称性を利用して左側も描きました。
かなり、単純化したプログラムです。
↓十進BASIC用のプログラムです。
「MathHeartPrgrm.txt」をダウンロード

エクセルで描く方法が2007年のHP↑に載っています。
VBAではなく、表に式を書き込んで描く方法ですので、誰でもその気になれば描けます。
作ってみませんか。
手作りチョコ、ならぬ、手作り「数学的ハート形」などプレゼントなさっては。
Mathheart
こんなようなものができますよ。

★新聞記事から

バレンタインデー発祥の地でチョコ祭り イタリア(朝日新聞 2014年2月13日12時57分)
 14日のバレンタインデーを前に、発祥の地とされるイタリア中部テルニで12日、お菓子の祭り「チョコレンティーノ」が始まった。バレンタインデーの起源には諸説あるが、テルニでは、異教徒間の結婚を祝福したためローマ帝国に処刑された司祭、聖バレンティノの命日という伝説が信じられている。
 イタリアでは、バレンタインデーに恋人同士がプレゼントを贈り合う。チョコレートを贈る人もいるが、日本のように女性が男性にチョコを贈る習慣はなく、「義理チョコ」やホワイトデーもない。チョコレンティーノは伝統的な製菓業が廃れるのに危機感を持った人々が始め、今年で11回目。イタリア各地のお菓子の露店が並び、幼稚園児がお菓子を作るなどした。
 聖バレンティノは3世紀に実在した地元出身の司祭。当時、キリスト教徒は迫害され、異教徒であるローマ兵との結婚も禁じられていた。彼らの結婚をひそかに祝福したバレンティノは、2月14日に処刑された。この日が恋人同士が愛を誓い合う日になったという。
 聖バレンティノは町の守護聖人となり、毎年2月14日には、世界中から集まったカップルが郊外のサンバレンティノ教会を訪れる。

(特派員メモ テルニ)世界の愛の中心(朝日新聞 2014年2月14日05時00分)
 「ただ、あなたが幸せでありますように」「今も、そしてこれからも大好きです」
 ローマの北80キロ、緑が美しい町テルニ。サンバレンティノ教会の地下の祭壇に、日本からの「愛のメッセージ」が大切に保管されていた。
 ここは、バレンタインデーの発祥の地とされる。3世紀に異教徒間の結婚を祝福し、ローマ帝国に処刑された聖バレンティノの出身地だ。
 ・・・
 この時期に開かれるお菓子の祭りの運営に携わるバルバラさんは「日本の人々の愛を信じる気持ちはとても強いのね」としみじみ。「そうした思いを聖バレンティノは受け止めている。世界に広がったバレンタインデーに比べて町の名は知られていないけど、ここは世界の愛の中心なの
 ・・・

« 八重桜・南殿 | トップページ | ある恋の物語 »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重桜・南殿 | トップページ | ある恋の物語 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ