« 八重の紅梅 | トップページ | カジイチゴ »

2014年2月 3日 (月)

カランコエ+子守唄

0121_9kalanchoe 2014.1.21
ゆりかごの中で眠る、カランコエのつぼみ。
寝る子は育つ、といいますが、カランコエの開花はたっぷり時間をかけます。

ここまでは「カランコエ」というタイトルで、そっちの話を書こうと思っていたのですが。
連想が独り歩きして、頭の中を「子守唄」という単語がよぎっていきました。
で、タイトルに「+子守唄」を追加。

★子守唄

朝日新聞の秋田版の1月21日
むのさん流 幼児との接し方 「絵本とジャーナリズム」を出版 /秋田県
・・・むのたけじさん(99)が、著書「絵本とジャーナリズム」を出版した。
・・・世界中に子守唄があるが、ほとんどは「坊や、よい子だねんねしな」や「眠れ、眠れ」など、大人が楽をするための歌。そうではなく、子どもの成長を本気で考える「坊や、目をよく開けてよく見つめなさい」という子守唄があるべきだと主張。子どもに経験を積ませ、一人の人間として付き合う大事さを訴えている。
・・・

そういう見方があったのか、と。
「大人が楽をするための歌」
う~む。
「坊や、目をよく開けてよく見つめなさい」
という子守唄があるべきだ、とは、ドキッとしました。衝撃的ですね。

昔、マイケルズというグループの歌で「坊や大きくならないで」という歌がありました。
おまえが大きくなると戦争に行かなければならなくなる、だから大きくならないで、そっと眠りなさい。
という意味の歌詞でしたっけ。
1969年、ベトナム戦争の反戦歌でした。

今、どこへ向かおうとしているのか。大人こそ「目をよく開けてよく見つめ」なければいけませんね。

団塊の世代が若かったころ、なんとなく「子守唄」というものに、ある種のこだわりがあったような。
森山良子さんは子守唄のLP出してたよなぁ。
こきりこの歌、とか。
PPMも子守唄を歌っていましたね。

赤ちゃんの純粋なまなざしにお前は耐えられるのか、応えられるのか、などと自問していた高校時代。

今はなんだか、にぎやかだなぁ。
にぎやかに浮かれてばかりで、いいですか?

« 八重の紅梅 | トップページ | カジイチゴ »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の紅梅 | トップページ | カジイチゴ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ