« 2月16日:雪の後日談1 | トップページ | コマツナ »

2014年2月18日 (火)

2月16日:雪の後日談2

車で行くスーパーとは別に、近くのスーパーもありまして。
安いものの種類が違う。で、使い分けるわけです、妻は。
雪かきが進んで、歩くことに支障がなくなったので、小さなリュックを背負って、買い物に。
帰ってきた妻が、面白いものがあるわよ、と教えてくれました。
0216_5kamakura1
かまくらです。
しかも、よく見てください、三重になっていますよ。
こういう入れ子構造って好きなんだよなぁ。昔から。
その趣味を知っている妻は、面白いから見に行け、と言ったわけです。
0216_5kamakura2
真ん中のなんか、なんともかわいい。
嬉しくなってしまいました。
おみごと、です。
秋田県の横手ですか、小正月の行事。
今年も、ちょうど、2月の15,16日でしたね。
なんとまぁ、グッド・タイミングでした。ひょっとして、そのことをご存知だったのかもしれませんね。うれしいことです。
http://www.michinokugodai.com/yokote01.html

子供たちが「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」、「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、あまえこ(甘酒)やお餅を振る舞います。

なつかしい響きがよみがえりますね。
「たんせ」というのはおそらく「賜え」という言葉の変化じゃないかな。
言葉のリズムがきれいなんですよ。東北弁は美しい。

「かまくら」からの戻り。
ご近所の河津桜。
0216_4kawadu1
すごいことになっていましたよ。
0216_4kawadu2
背景に凝ってみました。
0216_4kawadu3
わぁ、ですね。
0216_4kawadu4
花も間近でしょう。
雪を割るサクラ。
青を背に立つサクラ。
頻繁に見に行くことにします。

★以前、「ハノイの塔」のバリエーションとして、「ハノイのマトリョーシカちゃん」とか「ハノイの猫缶」というのをやったことがあるのです↓
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/freestdy/Twr_Hanoi/Hanoi.htm
ハノイのマトリョーシカちゃん(またはハノイの猫缶)

で、今回私が「ハノイのかまくら」ってのもありうるな、とつぶやくと
妻は。そりゃ無理だわ、重すぎる。

あはは、ですね。

★「入れ子」というものは「無限」を感じさせますよね。
「合わせ鏡」の不思議さには、わかっていても吸い込まれる。
レイ・トレーシングという技術が誕生したころ、電子関係の専門学校の夏休み研修会に、担任をしていた生徒と一緒に参加して、合わせ鏡の画像を作図して、褒めてもらったことがありました。面白かったなぁ。
代々木のオリンピック・プールの更衣室の鏡は、巨大な合わせ鏡で、鏡の間に自分が入って無限感覚を味わえるのが面白かったな。
ビデオカメラの出力をテレビにつないでおいて、テレビを撮影しても同じような画像が撮れますね。
フラクタル図形というのも、部分を拡大しても常に全体と相似だ、という入れ子構造がありまして、これをパソコンに描かせるのも好きです。
数学的な無限の恐ろしさを垣間見るというのは、怖いもの見たさというか、崖っぷちから下を覗いてみる怖さというか。
ぞくっとさせるものが入れ子にはあるのです。

« 2月16日:雪の後日談1 | トップページ | コマツナ »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月16日:雪の後日談1 | トップページ | コマツナ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ