« 蝋梅 | トップページ | 青空に »

2014年1月27日 (月)

ユスリカの仲間

0110_7yusurika 2014.1.10
時々見かけます。
こんな季節でも羽化してしまうことがあるんですね。
触角がふさふさなのでオスだと思います。
私はよく「触角がふさふさなのでオス」という言い方をするのですが、それについては私の以前のブログをご覧ください↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3235.html
2008年4月18日 (金)「ジョンストン器官」
生物学辞典からの引用として
「双翅目のカ科とユスリカ科の雄に発達」
と書きました。
メスの発する「羽音」を聞き取るのでしょう。そのためにオスで発達している。
ユスリカは吸血しません。不快かもしれませんが、毛嫌いしないでください。
蚊柱をつくるのもユスリカです。

こんな話もあるんですよ↓
http://www.jataff.jp/konchu/mushi/mushi04.htm
「慶雲」考

とかく人は虫が集まると縁起に結びつけたくなるらしい。蚊柱は「慶雲」と呼ばれ、古来たいへんめでたいことの前兆とされてきた。
・・・
日本では大宝3年(703)5月、奈良は藤原京の上に巨大な蚊柱があらわれた。これはめでたいということで年号を「慶雲」と改めた。
・・・

蚊柱が立ちましたら、おやメデタイとつぶやいてみてください。
そのくらいの「ゆるさ」で虫と付き合っていただけたら嬉しい。

« 蝋梅 | トップページ | 青空に »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝋梅 | トップページ | 青空に »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ