« シロザ | トップページ | フウセンカズラ »

2013年12月24日 (火)

ダンダラテントウ

1130_5dandaratentou 2013.11.30
今回はさすがに最初からアブラムシを意識して撮影しました。
テントウムシの体の左側にあるのは、食べ殻ではないでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

春から夏にかけてはX染色体を2本持つ雌が卵胎生単為生殖により、自分と全く同じ、しかも既に胎内に子を宿している雌を産む。これにより短期間で爆発的にその数を増やし、宿主上に大きなコロニーを形成する。秋から冬にかけてはX0型、つまりX染色体の一本欠けた雄が発生し、卵生有性生殖を行う。卵は寒い冬を越し、暖かくなってから孵化する。このとき生まれるのは全て雌である。

アブラムシの方も、有性生殖で、越冬用の卵を産まなくっちゃ。
冬へ向けて双方ともに厳しい生活ですね。

« シロザ | トップページ | フウセンカズラ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シロザ | トップページ | フウセンカズラ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ