« ホウセンカ | トップページ | 清浄と不浄 »

2013年11月 8日 (金)

こいうのワタクシ的には嫌いです

満開、花の絵 東京・晴海でフラワーフェス(朝日新聞デジタル 2013年11月5日03時00分)
 ・・・「晴海フラワーフェスティバル2013」で、バラの花びらなどで作った花絵「インフィオラータ」が並んでいる。
 今年で13回目で、運河沿い約125メートルに、縦5メートル、横4メートルの花絵17枚が展示。約8万本のバラのほか、色のついた砂や付近の間伐材も使って、地元住民たち約500人が作った。・・・

「色のついた砂や付近の間伐材」だけでおやりになったらいかがですか?
花びらというものを、単に色のついた画材としてしか見ないなんて、それって「生きる」ということへの冒涜ではないのか?と、私は思ってしまうのです。
やだ。
チューリップの球根を太らせるために切り取った花を画材にする、というくらいでも、まったくもって気分悪い。

見たくもない。

« ホウセンカ | トップページ | 清浄と不浄 »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホウセンカ | トップページ | 清浄と不浄 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ