« ヒガンバナ | トップページ | ブルーサルビア »

2013年11月29日 (金)

ツル

1111_16turu 2013.11.11
右ねじれと左ねじれが真ん中で接合しています。
結局、全体としてはねじれていない、という不思議なメカニズム。

以前、鏡像の話で解説しましたが、何度見ても不思議です。
蔓を伸ばしていって先端が何かに巻き付きます。両端が固定されるとコイルは作れないはずなのです。そこで、逆のねじれのコイルを二つ作って、全体としてはねじれていないのに、コイルがあるという成長をします。これによって、成長したのに全体としては縮んで、体を引き寄せる。
どうしてそういうメカニズムが開発できたのか、考えれば考えるほど不思議です。
結果としてこれでいい、という解説はできるけれど。

« ヒガンバナ | トップページ | ブルーサルビア »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒガンバナ | トップページ | ブルーサルビア »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ