« セイヨウミツバチ | トップページ | 参りました »

2013年11月 1日 (金)

難行苦行

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-a394.html
2013年10月28日 (月)「なまぐさ」
↑ここで、「ブッダのことば スッタニパータ」から、「なまぐさ」について引用しましたが、その一連の「なまぐさ」の句の続きから引用します

「ブッダのことば スッタニパータ」中村 元訳、岩波文庫 青301-1

第二 小なる章
二、なまぐさ
249:魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、裸体も、剃髪も、結髪も、塵垢にまみれることも、粗い鹿の皮(を着ること)も、火神への献供につとめることも、あるいはまた世の中でなされるような、不死を得るための苦行も、(ヴェーダの)呪文も、供儀も、祭司も、季節の荒行も、それらは、疑念を超えていなければ、その人を清めることができない。

ブッダは難行苦行することで悟りを開くことはできないよ、とおっしゃっています。
ブッダは、御自身、激しい難行苦行をした方なのです。でも成果を得られなかった。
で難行苦行をやめて、穏やかな瞑想修行に入ったのです。
周囲からは「あいつは堕落した」と責められたようですが。
そして、悟りを開かれた。

どうも日本人は「困難を乗り越えると強くなる」というような信仰があっていけない。
「艱難汝を玉にす」というのが好きでね。
そういうの、私、嫌いだ。
何でも「道」にしてしまうし。
根性ってのも好きだし。
スポーツなんか特にそうで、そのあたりに「体罰」問題の根っこもありそうだし。

肉体を極限まで追いつめると脳が幻想を作るようなんですね。
で、それを「神秘体験」として崇め奉ってしまう。
幻想です。

亡くなった方を責めるのは、日本ではよくないことですが。あえて。
千日回峰行を2回なさった酒井さんが9月に亡くなられました。
実は、私、あんまり尊敬していません。
ものすごい難行苦行をなさった、ということは認めますが。
それって、ブッダがおっしゃり、また、なさったこととは違うなぁ。
酒井さんの言葉の中に

「青く茂って、時期が来たら葉が落ちる。また来年になったら青く茂ってくる。それを見て、ああ生命っていうのは一回でおしまいじゃないんだなあ、つながっているんだなって気づいていく。こういうのが仏様からいただく『仏智(ぶっち)』なんだな」と語った。

とありました。やはり肉体を極限に追い込んだ時の一種の「神秘体験」のようなものだったのでしょうね。

でもねぇ、私ら(全ての生き物という意味です。菌類から何から全部含めて)今、ここに生きているということは、38億年もの間、一度も途切れたことがない、38億年を生き継いできた、という事実の結果なんですよ。
自分はその「命の流れの中にある」ということ、それ敢えて「仏智」と言わなければならないことですか?
私いとっては、既に事実であり、実感です。

日本の仏教は「悲しい」ですね。
私は日本の仏教にはお世話になりたくない。
日本の仏教式で私の葬式なんかやった日には、化けて出てやるからね。

私は命の流れに回帰する。私は地球に還る。地球こそが私の墓標です。

高校生の頃から、法句経など読んで、不遜にも自分はブッダの弟子だ、と思ってきましたので。
ワタクシ仏教原典主義者なんですね。

« セイヨウミツバチ | トップページ | 参りました »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セイヨウミツバチ | トップページ | 参りました »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ