« オオハナアブ | トップページ | アオイたち »

2013年10月22日 (火)

落花歓迎

1007_11hoikuen1 2013.10.7
これナ~ンダ?
キバナコスモスの花びらが散り落ちています。
1007_11hoikuen2
フウセンカズラの実や葉、ルコウソウの葉などが散っています。

この情景を見て、夫婦二人して、ニコニコ。

というのはこれ、近くの保育園の園児たちがお散歩にやってきて、遊んだ結果なのです。
うれしいですね。
花をちぎってみたり、葉をちぎったり、痛かったり青臭かったり、いろいろな経験をするのがよいのです。それが逆に生き物への優しい感性を養う。

この日は、「○○先生がチョウチョつかまえたよ、見て見て」という声も聞こえました。
実によい。
イチモンジセセリか何かをつまんでつかまえたのじゃないかな。
子どもたちが集まって「観察会」をやっていました。
私たち夫婦は今でこそ虫の飼育が大好きですが、子どもの頃はたくさんの虫の命も奪ったのです。
花をむしってはいけない、虫を殺すなんて残酷だ、なんてやってると、かえって生き物を知らず、自然を大切にすることを知らない人になっちゃいますよ。
自然を大切にする人になるためには、幼い頃の自然の中での体験が必要なのです。

私共の線路際雑草園には保育園児に手で触ってむしって遊んでもらいたい、という意図があるのです。
丁寧に手入れされた丹精込めた「園芸」だったら、それを園児がむしろうとしたら先生は止めますよね。
うちのように雑然と茂り咲いていれば、安心して草花遊びもできるし、花もちぎれるし、葉っぱもむしれるし。
わぁアリさんだぁ、ダンゴムシさんだぁ、といじくりまわして大いに結構。
これを意図しているのです。

1007_18hoikuen
ちょっと時間差を置いて、別の保育園の園児のお散歩隊も通っていきました。こちらのお散歩は我が家の方の袋小路には入らずに逆方向へ線路沿いに散歩していくのですが、ご覧のように遊んで行ってくれました。
フウセンカズラを面白がってむしったようですね。
いい眺めだなぁ。うれしくって仕方がない。

1012_2eki 10.12
この保育園の広告です。
「自然豊かな環境で五感を使って様々なことを発見します」
よいよい、善哉。
我が家もその「自然環境」の一部としてどんどん利用して頂きたい。
五感、就中「手ざわり、香り、色彩」などを全開にして遊び、吸収して下さい。
じゃんじゃんむしっていいよ、という意味です。

まことに喜ばしいことじゃ{年寄語で}。

★うっかりじいさんのぼやき。
Rythmique
リトミックという言葉はかなり昔から知っていたのですが、こういう綴りでしたか。
フランス語ですね。英語ならリズミックなんだ。
音楽を体で吸収するような方向性の教育なのだろうな、と綴りを見れば伝わりますね。
変にリトミックなんて気取らないで、分かりやすくいってほしかったなぁ。
今時やっと気づきました。トホ。

« オオハナアブ | トップページ | アオイたち »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオハナアブ | トップページ | アオイたち »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ