« ヤゴ | トップページ | ツマグロヒョウモン »

2013年10月10日 (木)

台風24号

13100909 2013.10.9 9時の天気図
この時刻で台風24号は温帯低気圧に変わったとアナウンスされました。
弱まっても中心部まで暖かい空気の核があれば台風なのですが、天気図に見るように前線が中心まで入り込んで、2種の空気の境目の渦になった時点で「温帯低気圧」となります。
参考↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-3193.html
2013年10月 7日 (月)「台風が温帯低気圧にかわる、って」

さて、この低気圧はこのあと、矢印の示す方向へ進みました。
すると、北陸付近は温暖前線へ向かって吹く南から西寄りの風が強く吹いたはずですね。
それがフェーン現象をもたらして、新潟県の糸魚川市で35.1℃なんていうとんでもない記録が出てしまった。

10月なのに猛暑 国内初、新潟・糸魚川で35.1度(朝日新聞 2013年10月10日)
 台風24号に南風が流れ込んだ影響などで、日本列島は9日、日本海側を中心に厳しい暑さとなった。新潟県糸魚川市では35・1度に達し、10月の国内の観測史上最高を記録して初めての猛暑日となった。
 この日は、新潟県上越市で34・5度、富山県南砺市や朝日町で34・3度など、全国927の観測点のうち140地点で30度以上の真夏日となった。51地点で10月の最高気温を更新した。これまでの10月の最高気温は、2005年に長崎市で観測した34・3度だった。
 気象庁によると、温帯低気圧に変わった台風24号に向かって南からの風が入り、フェーン現象が起きたという。(後略)

Itoigawa20131009 2013.10.9の気温(糸魚川市)
これが糸魚川市での気温変化のグラうです。14時過ぎにピークだったようですね。
たまりませんね。
生きていくのが辛いわ、とか言いたくなりそうだ。
ちなみに、糸魚川での風向きはといいますと
13:00  南
14:00 南西
15:00 南西
16:00西南西
この風が35.1℃をもたらしたのです。

フェーン現象についての簡単な解説が私のHPにあります↓
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/62th/sci_62.htm
理科おじさんの部屋:第62回
このページの下の方です。

10月9日の昼、散歩に出ていたのですが
1009_9kumo__ 10.9
面白いことに、高層の雲はほとんど動かずに、低層の雲がものすごい勢いで流れていきました。温帯低気圧い変わったとはいえ、元台風の威力ってすごいものだな、と眺めていました。
散歩に出たことは出たのですが、風が強すぎて、写真の撮影には全く不向き。ホトトギスの開花情報の写真と、線路際で見つけたハラビロカマキリを撮影して、庭のランタナに移してやって、すぐ家に戻りました。
強風は夜まで続き、オーシャンブルーのグリーンカーテンが風に吹かれて雨戸をこすったりして、大変でした。

そろそろ、多分もうすぐ、空気が入れ替わって秋に戻ると思いますが、気温の変動が激しすぎて、疲れます。
「秋バテ」しますね。
皆様、体調を崩されませんように、御自愛下さい。

« ヤゴ | トップページ | ツマグロヒョウモン »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤゴ | トップページ | ツマグロヒョウモン »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ