« 書き忘れ:「イプシロン打ち上げ:2」で | トップページ | おいしい! »

2013年9月19日 (木)

中秋の名月と仲秋の名月

★ややこしいことに気づいてしまいました。
本日、2013年9月19日は、旧暦の8月15日です。
旧暦の8月15日を「中秋」というのだそうです。
ですから今晩の月は「中秋の名月」ですが、その月が満月であるかどうかは必ずしも保証されないのです。
今日の場合は満月ですけど。

気象予報士の 戸田よしか さんの文章です。
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/yosh_ika/2013/09/19/1171.html

満月の中秋の名月 次は8年後
   2013年9月19日 13時46分
今日は旧暦の8月15日。今夜の月は「中秋の名月」。中秋の名月は必ずしも満月とは限りません。一昨年、昨年、今年は3年連続で満月ですが、来年以降はしばらく「少しだけ欠けた名月」の年が続きます。次に満月と重なるのは、8年後。東京オリンピック開催予定の年の、さらに1年後です。
・・・中略・・・
★次の「中秋の満月」は8年後
冒頭にもありますが、中秋の名月は、毎年満月と重なるわけではありません。
月の満ち欠けのサイクルが、ピッタリ1か月、ではないことなどから、年によって多少ズレます。

一昨年、昨年、今年は、3年連続で「満月」。
ただ、この時期は、台風が襲来したり、本州付近に前線が停滞することが多く、なかなか広い範囲でお月見日和とはなりません。
昨年の十五夜(9月30日)は、台風の接近、上陸で全国的に荒れた天気でした。
今年は比較的珍しく、広い範囲で穏やかな晴天。

来年から2020年までの7年間は完全な満月ではなく、少~~しだけ欠けた名月の年が続きます。
ということで、今夜は、かなり貴重な満月、と言えます。

こんなこと御存知でしたか?
ぐちゃぐちゃ文句の多いくせに、私はよく理解していませんでした。お恥ずかしい。

2013年の中秋の名月は、9月19日でした。
2012年の中秋の名月は、9月30日でした。
2011年の中秋の名月は、9月12日でした。
2010年の中秋の名月は、9月22日でした。
2009年の中秋の名月は、10月3日でした。
2008年の中秋の名月は、9月14日でした。
2007年の中秋の名月は、9月25日でした。
2006年の中秋の名月は、10月6日でした。
2005年の中秋の名月は、9月18日でした。
2004年の中秋の名月は、9月28日でした。
2003年の中秋の名月は、9月11日でした。
2002年の中秋の名月は、9月21日でした。

そもそも「中秋の名月」というのがこんなにばらついていることにも注意を払っていませんでした。
旧暦は「月」の暦ですから、季節感とは連動しないんですねぇ。

★仲秋の名月
「仲秋」というのは、旧暦8月を示す言葉なのだそうです。
仲春は2月、仲夏は5月、仲冬は11月。
ですから、「仲秋の名月」を原則的な意味で使うと、今年の場合

太陽暦の 9月5日が旧暦8月 1日
太陽暦の10月4日が旧暦8月30日

ですので、この間に見られた「名月」なら「仲秋の名月」と呼べますね。
中秋=旧暦8月15日が満月でなかった場合は、仲秋の満月を愛でた方がいいのかな。

ややこしいなぁ。

★理科年表オフィシャルサイト から
http://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/koyomi/koyomi_008.html

月齢とは
月齢とは、直前の朔 ( 新月 ) の瞬間を “ 0 ” として、そこからの経過日数をあらわした数値です。
  理科年表には、その日の正午における月齢が「正午月齢」として掲載されています。  

月齢と満ち欠けの関係
地球の中心から見たときに、太陽と月の黄経が一致した瞬間を「朔 ( 新月 ) 」、月が太陽より 90 度東にきた瞬間を「上弦」、月と太陽が 180 度離れた瞬間を「望 ( 満月 ) 」、月が太陽より 90 度西にきた瞬間を「下弦」と呼びます。
  月は平均約 29.5 日の周期で満ち欠け ( 新月 → 上弦 → 満月 → 下弦 → 新月 )を繰り返します。それぞれほぼ等間隔ですので、月齢 7 前後で上弦、15 前後で満月、 22 前後で下弦、 29.5 前後で次の新月となります。月が移動する速さは一定でないため、必ずしもぴったり決まった月齢にはなりませんが、月齢を月の満ち欠けの目安にすることができます。

  たとえば、「中秋の名月」は、現在は使われていない暦である「旧暦」の 8 月 15 日の月をいいます。旧暦では、新月を含む日を 1 日目として日付を振っていました。この数え方では、毎月 15 日の月齢は 14 前後になりますので、 8 月 15 日の月は必ず満月に近い形になります。ただし、中秋の名月の日の月齢が、 15 ではなく、それより 1 小さい 14 前後になるうえに、月の動きがそれぞれの年で一定でないために、中秋の名月の日に必ず満月になるとは限りません。
【石崎昌春  国立天文台天文情報センター(2006年11月)】

ま、今年の場合は、今日の中秋の名月は満月ですから安心してください。
私共夫婦は、おやつに、草団子を手作りしまして食べました。
おいしかったです。

★オマケ
理科年表から
2013年9月19日の正午の月齢は13.6でした。

« 書き忘れ:「イプシロン打ち上げ:2」で | トップページ | おいしい! »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書き忘れ:「イプシロン打ち上げ:2」で | トップページ | おいしい! »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ