« オクラ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2013年9月12日 (木)

クロアゲハ

0830_3kuroageha1 2013.8.30
ミカンの木の上の方の枝を少し払って、下に新芽を出させようとしていた妻が、連れてきました。危うくハサミで切っちゃうところだったわ、と。
0830_3kuroageha2
左の方に、本当の頭が出てきました。
幼虫になれていないと、ちょっとなんだか変な感じがするかもしれません。
0830_3kuroageha3
頭部の拡大。頭の後ろのところに、臭角をだすすき間が見えています。
ちいさなぷちぷちが単眼です。
外でここまで育ってきた幼虫は、寄生されている可能性がかなり高い、というのが事実です。
0901_1kuroageha 9.1
前蛹になり、一応このあと蛹までいきました。
寄生されていなくて、羽化までたどりつけた場合だけ、続報を出します。
寄生されていたら、ちょっと悲しいから写真撮りません。

★卵や若齢幼虫から室内で飼育すると、寄生されることは非常に少なくなります。
チョウを飼育してみたい方は、できれば卵からがいいです。
最初のトライアルで寄生されていて羽化失敗となると、その後育てるのが辛くなりますからね。
私共は、結婚してしばらくして、アゲハの終齢幼虫を見つけて飼育し、無事、羽化してくれて、嬉しくなっちゃって、以来40年を超えて飼育しているわけです。あれが寄生されていたら、ここまで熱心に飼育してきたかどうか分からないね、と今も二人で話すことがあります。
最初はハッピーな方がいいと思います。

« オクラ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オクラ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ