« カマキリ脱け殻 | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2013年8月 7日 (水)

二黄卵

0727_2keiran 2013.7.27
卵を割ったら黄身が二つ。
にこたま、などともいいますが、この辺りで「にこたま」といったら「二子玉川」のことになってしまいます。
私としては二黄卵に出会うのは久しぶりのことですが、なんだか、二黄卵を産む確率の高い種類かなんかがあって、結構うけているらしいですね。
私は昼食にうどんを食べようと思って卵を割ったのですが。
黄身が一つなら「月見うどん」ですけど、二黄卵だと、何と言えばよいでしょうね。

★私の個人的新聞記事データベースを検索したら、上のような並列の二黄卵ではなくって、egg in egg があったという記事がヒットしました。

メガ卵、またも仰天 割ったら中から卵 滋賀の高校(朝日新聞 2008年11月6日)
 滋賀県の県立高校の養鶏場で採れて注目された158グラムの巨大卵。卵を割ったところ、卵黄1個と、殻付きの卵が1個出てきた。珍しい2重卵で、食品流通科の生徒たちは5日、さらにこの卵を割って中身を確かめた。
 巨大卵から出てきた卵は、重さ54.7グラムで普通よりやや小さめ。先生や生徒が見守る中、針やメスで殻を開けたところ、ごく普通の黄身が1個出てきた。
(後略)

ということです。これは経験したことないですね。
リズムが狂って、卵黄に殻をつけた卵が出来上がったところに、次の卵黄が追いついてきてしまって、二つまとめて大きな殻を作ってしまった、ということでしょうね。
いろんなことがあるもんだ。

« カマキリ脱け殻 | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カマキリ脱け殻 | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ