« トウキョウヒメハンミョウ | トップページ | ハナバチ »

2013年7月 8日 (月)

ヤマノイモ

0622_12mukago1 2013.6.22
これムカゴのでき始めでしょう。
0622_12mukago2
あちこちにあります。
栄養生殖というのですね。親株と同じ遺伝子構成の子株が増えていきます。
ヤマノイモには花も咲き、実もなるはずですね。
花のにおいは、いいにおい、とは言い難いですけど。
花が咲いて実がなると、遺伝子の交雑が起こります。
繁殖戦略として両方を採用している植物です。

ところでムカゴを漢字で書くと

零余子:むかご【零余子】広義には珠芽シユガと同義。また、特にヤマノイモの葉のつけ根に生ずる珠芽を指す。肉芽ニクガ。ぬかご。 <季語:秋>[広辞苑第五版]

なんでこんな字で書くのか、よく分かりません。
しっかしまぁ、季語というやつは、本気でおせっかいなやつですね。
夏至を過ぎた今、ムカゴの準備が始まって、これは面白い、と思っても、句にはなりませんか?
「季違い」ですか?
立秋過ぎなければムカゴって言っちゃいけませんか?
ラベル・レッテルでものを考えてはいけません。
それは楽ですけど、ものごとを過ちます。

« トウキョウヒメハンミョウ | トップページ | ハナバチ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トウキョウヒメハンミョウ | トップページ | ハナバチ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ