« シラホシカメムシの幼虫かな | トップページ | ムクゲ »

2013年7月 4日 (木)

ヒメハラナガツチバチ

0615_14himeharanaga1 2013.6.15
タチアオイにて。
見てやって下さい、花粉だらけのこの体。大きな顎。
やぁ、おっさん、なんか用かい。
いやいや、用というほどのものでは・・・

0615_14himeharanaga2
おっさんにかまってる暇はないんだ
と、また潜って行ってしまいました。
0615_14himeharanaga3
もう無茶苦茶。
これだもんな、花粉だらけにもなります。
0615_14himeharanaga4
ゼニアオイの花に移動して、外から探っています。
ここには長居せず、飛び去りました。
花でばかりお目にかかるツチバチです。

0617_4himeharanaga1 6.17
またヒメハラナガツチバチに出会いました。
ゼニアオイの花を抱えて、外側から探索。
0617_4himeharanaga2
花の中に頭っから突っ込んでいきます。
0617_4himeharanaga3
見事な花粉媒介者ぶりです。

花粉は英語で「pollen」ですので、花粉媒介者、授粉者のことを「pollinator(ポリネーター)」といいます。
ポリネーターというと、ミツバチが一番有名ですが、アブもすごい。
ツチバチは土の中の甲虫の幼虫に卵を産みつける昆虫ですが、エネルギー補給でしょうか、花の蜜を求めて花の中に深く潜り込みます。そしてこの毛だらけの体。すぐれたポリネーターなのではないでしょうか。
いかついハチですが、刺しません、不安がったり焦ったりせず仕事ぶりを眺めてあげてください。

« シラホシカメムシの幼虫かな | トップページ | ムクゲ »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ