« ナガメ | トップページ | ヒメグモ »

2013年7月16日 (火)

モンシロチョウ

0703_6monsiro 2013.7.3
話が前後するのですが、前の記事のナガメを見つけたのは、このコマツナのところ。
モンシロチョウの幼虫がいる、と妻に呼ばれて行って、アオムシを見る前に、ナガメにくっつかれてしまったのでした。
さて、もう残り少ないコマツナにモンシロチョウの幼虫がいたんですね。
市販のコマツナを水洗いして与えたのですが、どうも、不調。
ダメかな、と思っていたら、どっちだか分かりませんが蛹になりまして、そして羽化しました。
0713_3monsirouka 7.13
これです。午前9時50分頃。
わずか10日。
{モンシロチョウでは、こういうペースで出来事が進行しますので、ツマキチョウの場合、てっきり蛹のまんまで失敗したのだと思い込んだわけです。}
0713_4monsiroyoutyu
羽化していった脱け殻を見たら、なんと、まだ幼虫もいる!
どうなっているのか、把握しきれない所もありますが、とにかくいますので、飼育しています。

さて、この13日の昼、12時50分頃
0713_15monsiro1
ボウガシの葉の上でモンシロチョウが交尾していました。
多分、左の黄色っぽい感じのする方がメス、右がオスだと思います。
オスの前翅がかなりぼろぼろですね。
庭をひらひらモンシロチョウが舞う、というのはきっと、オスがメスを待って探していたのではないでしょうか。
そして、想像するに、朝、羽化して飛び出していった個体はメスで、未交尾のメスを待っていた雄が、求愛して交尾に成功した、ということではないかと。
その可能性は高いような気がします。
ですから、朝羽化たのは左のメスだろう、と。
オスが先に羽化して、後から羽化してくるメスを待ち、交尾する、というパターンは多く見られます。
0713_15monsiro2
3時40分ころ。
まだ交尾は続いていました。
少し移動していて、前の写真とは反対側がこちら向き。

翅をボロボロにしてメスを待っていたオス、待っていたかいがあってよかったね。
ファンタジー・ワールドというか、虫虫ワールドというか、そういう世界の住民になったようです。

★モンシロチョウの雌雄の識別について、下のサイトが詳しいです。読んでみてください。
http://yoda1.exblog.jp/14887337/
モンシロチョウの雌雄

« ナガメ | トップページ | ヒメグモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナガメ | トップページ | ヒメグモ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ