« ツマグロヒョウモン幼虫:1 | トップページ | オオスカシバ »

2013年7月29日 (月)

ツマグロヒョウモン幼虫:2

一匹が先に蛹化した後のことです。

歩き回っているところを同時に捕まえたのですから、もう一匹もすぐ蛹化するだろうと思っていたのです。
ところが、ウォンダリングとは言えない歩き回り方をする。
足場など気にせずに歩くものだから、ケースの蓋の方へ歩いていって落っこちたりもします。
幼虫が落っこちるというのはそうそうあることではない。
病気かな、蛹化したいのだけれど、うまくいかないのかな、と心配しました。
でもまぁ、ひょっとしてまだ食い足りないということもあるかな、とスミレの葉を2枚与えたら。
あっという間に葉っぱを消滅させました。
わっ、腹減ってたのか、とまた葉を追加したらまた食べる。
0720_4zenyou {写}2013.7.20
やっと前蛹になってくれてホッとしました。
腹減ったぁ、と餌を探して「走り回って」いたのですね。
そういうこともあるんだなぁ。

さて、ケースの中が落ち着いたので、次の写真にチャレンジ。
0720_5sanagi1
7.18に先に蛹化した方の蛹です。
5対の突起が銀色。おそらく中が空洞化していると思います。
0720_5sanagi2
暗くして、LED懐中電灯で照らすとこうなります。
銀色に光るんですね。
蛹の外皮の屈折率と、内部の空気の屈折率の違いによって、全反射に近い反射をするのだと思います。
0720_5sanagi3
肉眼で見る分にはきれいに輝いているのですが、それを写真で表現するのは私の腕では難しい。
こんな程度でスミマセン。
なかなかの見ものですので、もしツマグロヒョウモンの蛹を見るチャンスがありましたら、暗いところで懐中電灯を当ててみてください。
怪しく輝く蛹、なんてなかなか素敵なものです。

0725_2tumagurohyoumonn_2 7.25
上で光る蛹のモデルになってくれた蛹が羽化しました。
オスでした。
元気に飛び出していきましたので、記念写真はこれ一枚。

0728_1tumaguro1 7.28
遅れて蛹になった方も羽化しました。
メスです。
空腹で歩き回って心配させてくれましたが、無事成虫になりました。
ケースから飛び出して
0728_1tumaguro2
少し離れたところでいったん休憩。
0728_1tumaguro3
きれいですねぇ。
多分これからどんどん来てくれるのではないかと期待しています。

« ツマグロヒョウモン幼虫:1 | トップページ | オオスカシバ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロヒョウモン幼虫:1 | トップページ | オオスカシバ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ