« タチアオイ | トップページ | クロヤマアリ »

2013年6月19日 (水)

キオビツチバチ

0522_9kiobitutibati1 2013.5.22
私の写真では腹部の黄色い帯がつながっていますが、つながらずに左右二つの黄色い斑紋であるような写真も多くあります。いいんだろうなぁ、キオビツチバチで。自信はないです。
昆虫エクスプローラによりますと

黒色で、腹部に大きな黄色い紋があるツチバチの仲間。オスの触角は長く、前翅長の3分の2ぐらいある。幼虫は、コガネムシの幼虫を食べて育つ。

とありました。
0522_9kiobitutibati2
触角が長いと思いますが。いかがでしょう。そうならばオスですね。
0522_9kiobitutibati4
ツチバチですから、メスは土の中のコガネムシの幼虫を探すわけですが、私がそうそう地面近くに顔を持って行くことはない。
私がツチバチを見るのは、花で、なのです。
オスは交尾が仕事。ということは活動エネルギーを求めて花に来ているのでしょうね。
花で見るツチバチはオスが多いのだろうか?よく分かりません。

キンケハラナガツチバチとかヒメハラナガツチバチとか、花に飛来して夢中になって花に頭を突っ込んでいる姿を見かけることが多いですね。
今回のキオビツチバチも花粉だらけ。おそらく花の中に潜り込んできたのでしょう。
花の蜜をたっぷり吸ったかな。

« タチアオイ | トップページ | クロヤマアリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タチアオイ | トップページ | クロヤマアリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ