« カズノコグサ | トップページ | タチアオイにて »

2013年6月18日 (火)

アゲハ産卵

0521_8ageha1 2013.5.21
キンカンの木のそばに立っていましたら
目の前にアゲハが飛んできて舞う。
0521_8ageha2
産卵場所を探しているのでしょう、止まってくれない。
0521_8ageha3
黒い矢印で指しているところが、腹を曲げて産卵しているところです。
こういうシーンを見たら、視線を固定して、このあたり、と近づき、その場所を確認してください。
産みたての卵がある確率が高いです。
案の定、この時も卵がありました。
もちろん、家にとりこんで飼育することに。

http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/069/research_1.html
一部引用します

 アゲハチョウのメス成虫の産卵行動は、飛ぶことから始まる。主に視覚情報を頼りに葉にとまり、葉を前脚でたたく。これを「ドラミング」と呼ぶ。前脚ふ節 には化学感覚子があって、葉の表面に存在する化合物を感じ取り、その組み合わせによって植物種を識別し、適切と判断すると卵を産む。その後その場を飛び去 り、一連の作業を繰り返すのである。ナミアゲハについては、主な食草であるミカン科植物から、化合物10種が「産卵刺激物質」として同定されており、これ らを混合すると生葉と同程度に産卵行動を誘発する

ナミアゲハの味覚感覚子は、メス前脚の先端のふ節の毛のように並んでいる。味覚受容体は、味覚感覚子の中の味覚神経細胞の表面にある。

研究過程がわかる面白いサイトです。関心がおありでしたらぜひどうぞ。
卵から孵化した幼虫が食べるべき葉をきちんと確かめて産卵する。そして、幼虫の最初の食べ物は卵殻である、すごい仕組みですね。

アゲハのお母さんはすごい仕事をしているんですね。

« カズノコグサ | トップページ | タチアオイにて »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カズノコグサ | トップページ | タチアオイにて »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ