« ササグモ | トップページ | シラン »

2013年6月13日 (木)

コクロヒメテントウ

0514_5kokurohime 2013.5.14
鮮明さに欠けますが、脚や頭が一応見えるという写真。
白い蝋状の物質がまだ少ない時期だったのかな。
これがこんもりしてしまうと、まるっきり分からなくなります。

クサカゲロウの幼虫も虫本体が見えなくなりますが、あれは分泌物ではなくって、捕食したアブラムシの残骸やごみを背負います。

どちらにしても、生存率がこれで上がるのでしょうかねぇ、と思いますが。
成功した生存戦略ではあるのでしょうね。


« ササグモ | トップページ | シラン »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササグモ | トップページ | シラン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ