« ササヤマミロス・カワイイ | トップページ | ムラサキハナナ »

2013年6月 3日 (月)

ムラサキカタバミ

0503_16murasakikatabami {写}2013.5.3
一番左にある花は小さくて色が濃いですね。
右の方へ行くと、花が大きくなり、色が薄くなっています。
ムラサキカタバミの花は開閉運動をしますが、開く時は花弁の内側が成長し、閉じる時は外側が成長するというやり方で開閉します。
そうすると、開閉を繰り返すと、花全体が大きくなってきます。
で、いつも私が言うように、つぼみの色は濃縮されている。
成長して面積が大きくなると、色が希釈される、と考えてもよいのではないでしょうか。
おそらく、上掲の写真の、花の色と大きさの変化は、この出来事を物語っているのだろうと思います。

« ササヤマミロス・カワイイ | トップページ | ムラサキハナナ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササヤマミロス・カワイイ | トップページ | ムラサキハナナ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ