« ササグモ | トップページ | ホソヘリカメムシ »

2013年6月17日 (月)

アゲハ

0616_3ageha1 2013.6.16
昨日、朝に羽化した二匹のうちの一匹。
羽化の瞬間は見ていませんので、順序が分かりませんが、これが先に羽化したのでしょう、出たがります。
0616_3ageha2
9:47。元気に旅立っていきました。

日曜の習慣で、プールへ行って泳いできまして、1400mほど。
帰ってきて玄関ドアを開けたら、パタパタ大きな音を立てて、遅いじゃないか!出たいよ、と言われてしまった。
0616_4ageha
記念写真はこれだけ、すごい勢いで飛び出していきました。
こうして、今日の二匹目も無事出立。
これから忙しくなる予感。

蓋の裏を見たら
0616_6ageha1
前蛹になろうとしているのかな、じっとしています。
美しいですね。
この幼虫を、蓋の外から見ると
0616_6ageha2_2
かっわいい!
白い矢印で指しているあたり、頭部の両側にくろいぽちぽちがあります。
これが単眼。
赤い矢印で指しているあたりに、脚が3対あるのですが、ちょと隠れてますね。
緑の矢印で指しているあたりに、腹脚4対あるのですが、そのうちの2対が見えています。残り2対は曲げている腹部のあたりにありますが、見えていません。
黄色いの矢印で指しているのは尾脚1対です。

★昔話。妻が妊娠中。日曜でしたか、二人で散歩していたら、ミカンの木にアゲハの終齢幼虫がいました。これ、アゲハになるんだぜ、と教えて、家へ連れて帰りました。
私が小学生・虫博士だった頃に使っていた金網を張った飼育籠がありましたので、そこへいれてやりました。
幼虫が歩く。
脚、腹脚、尾脚を使って、金網の目をはさみながら進む。
これが、とんでもなくかわいい。とくに腹脚でしがみつくような姿がたまらないんですね。
つわりがあって、ちょっと虫のにおいで気分悪かったけど、あの歩く姿のかわいさに、私は完全に負けたのよ、と妻は後に言いました。
「アゲハ教」の信者になりましたね。
幼虫を見つけた木から葉を頂いて飼育し、蛹化し、羽化しました。
終齢まで外で育って、寄生されていなかったのは最初の飼育にとっては、とっても幸運でした。
{あれで寄生バチでも出てきちゃったら、続かなかったかも}
大型の美しいアゲハが羽化して旅立っていく姿に、もうしびれまくって、以来ほぼ40年、アゲハの飼育を続けている夫婦なのです。

大田区へ引っ越してきて、区の木がクスノキだと知って、区役所から苗を頂いて木を育て、アオスジアゲハも飼育してきました。
いやもう、ツマグロヒョウモンやら、キアゲハやら、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、ルリタテハ、オオスカシバ、ビロードスズメ、セスジスズメ、エビガラスズメなどなど。
思えばずいぶんいろいろなチョウ・ガを育てましたねぇ。
これからも、まだまだ続けることになります。
よろしくお付き合いのほど願い奉ります、と、ちょうちょさんたちに申し上げなければね。

卵産みに来ていいよぉ。

« ササグモ | トップページ | ホソヘリカメムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササグモ | トップページ | ホソヘリカメムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ