« コアシナガバチ | トップページ | トカゲの幼体 »

2013年4月30日 (火)

クロオビハナバエ

0404_17kuroobihanabaef 2013.4.4
ハエですが、名前は知らない。
でもすごく特徴的な姿なので、多分探し出せるだろうと撮りました。
どう頑張っても名前が分かりそうにない、という時はパスすることもあるのですけれど。
とくにハエや小さな甲虫、ガはむずかしい。でも、これはわかりやすい。

いつもまず見に行く「虫ナビ」ですぐ分かりました。
クロオビハナバエ。
見たまんまの名前でした。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-hae_kuroobihana.htm

白地に黒い帯模様が綺麗な小型のハエ。
他のハエ同様に♂では複眼が接しており、♀では離れる。
ハナバエとは言うものの、実際には糞や死骸などに集まるようである。

私が撮影した個体は複眼が離れていますから、メスですね。
糞や死骸に集まるそうです。
最近、犬の糞を見ることは少なくなりました。
でも、ネコが家の周辺に何匹かいますから、彼らのトイレも我が家の周辺にあるでしょう。
死んだ虫が枯葉の間で腐敗していくのもあるでしょう。
ま、食いものにはそんなに困らないかな。
そういう環境を不潔というか、生態系として豊かというか。

« コアシナガバチ | トップページ | トカゲの幼体 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コアシナガバチ | トップページ | トカゲの幼体 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ