« 桜桃の花が一輪咲きました | トップページ | ジョウビタキ »

2013年3月 7日 (木)

屋上

0225_5koji 2013.2.25
写真ではあまりはっきりしませんが、マンションの屋上の携帯電話かなんかのアンテナに、人が上っています。点検とか補修とかでしょうね。よくあんな高いところに登れるものです。
こわいよ~。

★私は高いところは全くダメ。
横断歩道橋だって苦手だ。もっとも横断歩道橋については、高いことよりも、階段が苦手で、遠回りしても、横断歩道をさがすのですけど。

足がすくんで動けなくなるのです。
東京スカイツリーなんかで、足元がガラスで下が見える、などというフロアにはゼッタイ踏み込めませんね。
体のバランスが悪いから、揺れるのもダメ。吊り橋なんか、ダメ、ゼッタイ。
一歩も踏み出せないですね。

いつからかなぁ。
高校生の頃は、体育館の舞台から手すりなしの階段で下のフロアに降りられたのですが。
教師になって、ある時気づいてみたら、手すりのない階段は降りられなくなっていました。
登れます、でも降りられません。
バランスをとる能力が急激に低下したのですね。

教員仲間の旅行で、あるお寺の鐘撞き台で、観光客が自分で鐘を撞けるというところがあって、同僚の物理教師と私の二人が、物も言わずに登って行って、鐘の中に頭を入れて立ったので、周囲の人に驚かれたことがありましたっけ。あいつら、何やってんだ?!
実は、鐘の中では、撞木が鐘に当たるゴンという音しか聞こえないのです。
そのことはラジオの何かの放送で知っていました。鐘の中に入れたマイクロフォンの録音をね。で、チャンス!と二人で鐘の中に頭を突っ込んだわけです。
で、その後、ちゃんと、普通に、手すりのない階段を下りた。
若かったなぁ。

鎌倉のお寺で、鐘撞き台があったので、何げなく登ってしまった。
さ、降りようとして、愕然としましたっけ。足が踏み出せなくなっていた。
しばらく悩んで、恥ずかしいけど、階段に腰掛けて、お尻で階段をずり下りましたっけ。

手すりのない階段は「絶壁に等しい」と思うようになったのでした。
最近は神社仏閣や、いろいろなところで階段に手すりが付くようになりました。
ありがたいことです。
ただ、付け加えれば、両側に手すりがなければ意味がないのです。これは知っておいてほしい。
私の場合ですと、右手でつかまるしかない。
登るときに右側に手すりがあっても、降りるときには右に手すりがない、ということは非常に多いのです。

手すりを作るなら両側に!

タカラヅカの舞台みたいな、手すりなんかない階段を、歌いながら降りてくるなんて、私から見るともう、人間業じゃないですね。

衰えたなぁ。

« 桜桃の花が一輪咲きました | トップページ | ジョウビタキ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜桃の花が一輪咲きました | トップページ | ジョウビタキ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ