« -5.3℃ | トップページ | ムベ(郁子) »

2013年2月12日 (火)

スイセン

0125_4suisen1 2013.1.25
↓先日すでに開花をお知らせしました。2月4日に咲いたのでした。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-07e2.html
その少し前の姿です。
何げなく撮影したのですが、パソコンの大きな画面で見たら・・・あれ!?
0125_4suisen2
つぼみを包んでいる苞(総苞というのかな)の「内側に」結露していますよ。
ということは、①苞は気密性が良い、②苞の内側は湿度が高くて、③外界より少し温度が高い、ということでしょうね。
つぼみが発育している=代謝・化学反応が進行している→水が生成している。発熱している。
ということかな。
代謝活動が行われれば水が生成します。そして発熱する。
苞の気密性が良いので外へ水蒸気が逃げない。外は冷たい→結露。

動物のような目に見える動きはない、でも人間の目には見えないだけで、活動しているのですね。
花が咲く前に「結露」が見えることには今回初めて気づきました。

注:二酸化炭素と水を光のエネルギーを使って還元してグルコースを作ります。(光合成)
グルコースを酸化して二酸化炭素と水を生成しながらエネルギーを得ます。(呼吸・代謝)
ですから、エネルギーを取り出す過程で必ず水が生成するのです。代謝水ともいいます。
砂漠にすむネズミの仲間には、液体の水を飲まなくても、代謝水だけで生きていけるものがいるとか。生きている限り水を生成せざるを得ない、というのが生きることの一つの側面でもあるわけですね。

« -5.3℃ | トップページ | ムベ(郁子) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« -5.3℃ | トップページ | ムベ(郁子) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ