« 密度1.0 | トップページ | カイガラムシ »

2013年2月20日 (水)

反射率のグラフ

★↓ここで、垂直入射の場合の反射率を計算する式を使いました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-faf9.html
2013年2月18日 (月) 鏡の話:13 「水鏡」

r=((n-1)/(n+1))^2

これですね。
実はこの式、入射角θを使った一般的な式の、θ=0の場合の特殊な式なんです。
Reflection
↑ここに大方書き込んでおきましたのでお読みください。
cos(θ)はθ=0のとき0(ゼロ)ですから、式が単純化されるわけです。

このRpとRsをグラフ化しましたのでご覧ください。。
Water
↑水の場合(n=1.33)

Glass
↑ガラス(n=1.5)

Diamond
↑ダイヤモンド(n=2.42)

★これは実は以前にもやったことがあります。詳しくはここをお読みください。
HPでは、小さなグラフしか載せていませんが、今回はグラフシートに移動させて、大きく描いてみました。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/essay/hansya.htm
反射率のグラフを描く
ここから少し引用します。

グラフを見るうえで注意すべきなのは、入射角の定義です。入射角「0度」というのは「反射面を真上から見ている」ということであり、入射角「90度」というのは、「反射面にほぼ平行に見ている」ということです。

 水鏡の場合で言うと、入射角「0度」では、水面を真下に見ているわけで、反射率は0.02(2%)しかないので、自分の顔を水鏡で見るのは容易ではないことが分かります。

 水の場合は0.02、ガラスの場合で0.04、ダイアモンドの場合で0.17となる。屈折率が大きいと垂直の反射率も大きくなります。

 以前、国立科学博物館で「ダイアモンド展」が開催されたとき、ダイアモンド薄膜とガラス板が並べて展示してありましたが、ガラス板が透けて向こう側が見えているときに、ダイアモンド薄膜は反射して向こう側は見えませんでした。ダイアモンドの屈折率の大きさが実感できました。

★どのグラフでもRpがゼロになる入射角があります。
この角度をブリュースター角といって、面白い活用ができるのですが、それはまた次に回しましょう。

« 密度1.0 | トップページ | カイガラムシ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 密度1.0 | トップページ | カイガラムシ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ