« 気圧の「落差」 | トップページ | ナンテン »

2013年1月24日 (木)

オニグルミ

1227_12kurumi1 2012.12.27
幹から枝が出ている部分です。
独特の姿。
幹を裂いて出てきたようでもあります。
この枝が落ちますと
1227_12kurumi2
こうなります。
見つめられているような気分ですね。
見れば見るほど、目みたいだ。


確かにこれは「目」のように見えますね。目じゃないのに。
鳥の鳴き声は人の声とは異なるのだけれど、「コケコッコ―」とか「テッペンカケタカ」とか『聞き做し』(ききなし)ますよね。
『見做す・看做す』という言葉もありますね。視覚的なことだけではなく、広く使いますが。
『心做し』とか『思い做し』という言葉もありますね。

同じ「做す」という言葉がついているって、意識したことありますか?
言葉の構造というのも面白いものです。

« 気圧の「落差」 | トップページ | ナンテン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気圧の「落差」 | トップページ | ナンテン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ