« オオハナアブ:2 | トップページ | キゴシハナアブ »

2013年1月11日 (金)

オオハナアブの顔

1208_2oohanaabu4 2012.12.8
ほんとうにじっくり撮影させてくれたので、こんな接写ができました。
花に伸ばした口の先端が二つに分かれ開いているのがわかります。
複眼に模様がありますが、その他に「虹色」が見えます。
これは複眼の表面からの反射光の干渉で生じた色でしょう。
1208_2oohanaabu5
個々の個眼が識別できるくらいです。
複眼の模様ですが、虫ナビというサイトの解説では
大きな複眼には迷路のような模様があり
と表現しています。
なるほど、そういう見方もあるわけですね。
1208_2oohanaabu6
虫ナビによると
複眼が互いに接しているのが♂で、離れているのが♀である。
ですので、この個体はメスですね。
前日の個体と同一かなぁ。虫が少なくなった時期に、2日連続で出会ったら、おそらく同一個体だと思うのですが。ね。
触角が特徴的。「短角亜目」という名前はこの触角の姿から来たものです。

じっくりと撮影で来て嬉しかった。
長生きしてね。
このアブの幼虫はよどんだ水の中で成長します。いわゆるオナガウジです。
我が家の池にはいないようですけれど。
どこかに産卵してきたのでしょう。無事に育ちますように。

« オオハナアブ:2 | トップページ | キゴシハナアブ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオハナアブ:2 | トップページ | キゴシハナアブ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ