« オオハナアブの顔 | トップページ | 枝? »

2013年1月11日 (金)

キゴシハナアブ

1208_6kigosihanaabu1 2012.12.8
オオハナアブに続いて、この日はキゴシハナアブも見かけました。
こちらは日溜まりで日向ぼっこをしているところ。葉の縁に手をひっかけてつかまっているような感じでした。
キゴシハナアブは、とにかく、この複眼がスゴイ。
「まだら模様」なんです。
1208_6kigosihanaabu2
ね、これを覚えれば見間違えはない。
複眼が離れていますから、これもメスでしょうね。なにせメスの方がタフですから。
で、頭部の一番後ろのあたりに単眼が三つ、見えています。
アブの単眼はなかなか見つけにくいので、位置など頭に入れておくと観察しやすいと思います。
オオハナアブやこのキゴシハナアブの「複眼の模様」にはどんな意味・効果があるのでしょう?
どうやって、表面に模様を浮き上がらせているのでしょう?
分からないのですが、とにかく面白い。

オオハナアブもキゴシハナアブも「ハチっぽい」のですけれど、複眼・触角など見ればハチではないことがすぐ分かります。怖がらずに近寄って観察してみて下さい。

« オオハナアブの顔 | トップページ | 枝? »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオハナアブの顔 | トップページ | 枝? »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ