« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 立方体の展開図から四面体を折る:3(または「鏡の話:12」) »

2013年1月15日 (火)

甘い罠

1210_8ari 2012.12.10
サザンカのオシベの林に潜り込んでアリが蜜を舐めている。
と、それはそうなのですが・・・
1211_2ari 12.11
翌11日、同じ花を見ると、2匹のアリは昨日と同じ所にいます。
これ、蜜の粘り気に脚をとられて、動けなくなって死んだのではないでしょうか。
蜜ほど粘っこくなくて、水玉でも、表面張力の大きさはアリくらいの動物にとっては非常に大きな力のはずです。水玉に捕まって脱出できなくなることもあるのです。
まして、粘っこい蜜。おいしいので夢中になって舐めていたのでしょうが、命とり。
脱出できなかったのでしょうね。
「蜜という名の蟻地獄」か、なんだか、悲しい気分になりました。

アリにとっての事態は深刻なのですが、私の脳裏には山口百恵さんの「誘惑の甘い罠 ♪」というメロディーが流れてしまったのでした。
「ひと夏の経験」という題でしたね。1974年の発売だったそうです。私の教職歴最初の中学校に着任したのが1974年でした。そう、生徒たちが意味も分からず大声で歌ってましたっけね「ゆうわくのあまいわな~♪」って。

« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 立方体の展開図から四面体を折る:3(または「鏡の話:12」) »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 立方体の展開図から四面体を折る:3(または「鏡の話:12」) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ