« よく分からないのですが | トップページ | 反射材 »

2013年1月31日 (木)

他人

★新聞1面の下の書籍の広告を見ていたら、ある本のタイトルの脇に
「夫婦はしょせん他人のはじまり」
とありました。
ヘンだ!

夫婦はもともと他人です。あったりまえのこんこんちき。
「親子は他人の始まり」とか、「兄弟は他人の始まり」なら分かるけど。
夫婦はもともと他人だったものが、人生を共有して生きているんです。っ。
2本の別々の「人生の糸」を、1本にまとめていこうというしなやかな「意志」、それを「愛」というんです。
愛とは激情ではなく、しなやかで強靭な意志のことです。

不思議なのは、もともと他人の夫婦が、40年も一緒に生活していると、なんだか「似てくる」ことです。
これは全くもって不思議です。
雰囲気が似てくるだけじゃなく、なんだか、顔つきまで似てくるように思える。
電車なんかで、人相見をしていると、つくづく不思議に思います。
我ら夫婦ももう40年一緒に生活してるからなぁ、傍から見るときっと似て見えるんだろうなぁ。

★チェリッシュの「白いギター」という歌には、発表当初から疑念を持つものです。
「愛し合う二人には恋の予感がうれしくて」という歌詞があるんですね。
現時点で「愛し合って」いる二人が、これから「恋に落ちる」なんてことありますか?
逆じゃないのかなぁ。
現時点では「恋という激しい感情」の中にあるのだけれど、この先、その激情は成熟して、人生を共にしていく「強靭な意志」へと変化していく、その「予感がうれしい」のじゃないかなぁ。

これは1973年の昔っから思っていたことです。

« よく分からないのですが | トップページ | 反射材 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よく分からないのですが | トップページ | 反射材 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ