« マツボックリ | トップページ | 鏡の話:11 »

2012年12月21日 (金)

ウラナミシジミ

1129_5uranamisijimi1 2012.11.29
線路の柵の内側。手を伸ばしてやっと撮影。
1129_5uranamisijimi2
ぼんやりしか写せませんでした。
後翅の後端部の目玉模様と尾状突起。ちょっと欠けているような気もしますが、なんとか残っているように思えます。
鳥の攻撃をぎりぎりかわして生き延びてきたのでしょう。
敬意を表します。

ウィキペディアによると

日本では北海道南部以南で広く見られ、日本以外でもアフリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアまで広く分布する。もともと熱帯・亜熱帯に分布するが、移動性が高いチョウで、春から秋にかけて温帯域に分布を広げ、冬には寒さのため死滅するというサイクルを繰り返している。日本でも西日本の温暖な地域では1年中見られるが、東日本では夏から秋にかけてが多く、冬から春にはあまり見られない。

とありました。
生物が生息地域を広げていく時には、このように、広がっては死に、広がっては死に、を繰り返しながら環境の変化に適応していくのです。きびしいものですね。

« マツボックリ | トップページ | 鏡の話:11 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ