« カラー | トップページ | ヤマトシジミ »

2012年11月22日 (木)

オシロイバナ

1101_8osiroibana1 2011.11.1
この黒いのは「果実」あるいは「実」ですね。
果肉がほとんどなくって、中に種がある。
種の「胚乳」がしろいデンプンの粉なのですね。で、その白い粉を「おしろい(白粉)」に見立てて遊ぶわけです。
もし、ヨウ素入りのうがい薬とか、ヨードチンキがありましたら、この白い粉にちょっと付けてみて下さい。ほとんど真っ黒けになります。ヨウ素‐デンプン反応です。
1101_8osiroibana2
オシロイバナの「花」と見える部分は実は「萼」なのだ、ということはそれなりに知られていると思います。
ということは、その萼の底部にあって、実が熟すのを支えてきたこの部分は「苞」になるのでしょうね。

お仕事ご苦労様。次の世代がまた栄えますように。

★参考サイト
日本植物生理学会‐みんなのひろば
http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_search.cgi?stage=temp_search_ques_detail&an_id=1465&category=mokuji
オシロイバナの種子

« カラー | トップページ | ヤマトシジミ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラー | トップページ | ヤマトシジミ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ