« ツマグロヒョウモン羽化 | トップページ | キゴシハナアブ »

2012年11月20日 (火)

鍛冶屋さん

1030_1ono1 2012.10.30
ドキッとしますね。
最近はこういう道具を見なくなったな。
「斧・琴・菊」に使いたくて、店を知ってはいたのですが車を止めたことのなかったお店で撮影してきました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-174b.html
↑ここで使ってます。
1030_1ono2
いやはや。すごい道具です。
1030_1ono3
うわぁ。

ここはいわゆる「鍛冶屋さん」なんですね。
刀鍛冶の古式な炉ではないですが、仕事場には炉があって、鉄を焼いて、鋼と軟鉄を組み合わせて、鋭くてしなやかな刃物を「打って」おられます。
今時、鍛冶屋は珍しいけれど、その筋では有名らしいです。


私は、薪ストーブのための薪割りで、斧やら手斧やら使ったことがあります。
母の実家に秋に遊びに行ったら、ちょうどいい、今年の冬のために薪を二棚かったところだから、あんた薪割りして行きなさい、と伯母にいわれて、従妹と二人で一日薪割りしましたよ。
ストーブや風呂で薪を使いましたね。「火吹き竹」なんて知ってます?
囲炉裏もあったしな、昔は。自在鉤なんてのも実物知ってます?
「腹あぶり」って知ってます?寝る前に、囲炉裏の前で丹前の前を開いてお腹をあぶって温めて、ぱっと前を閉じて蒲団に潜り込むんですね。寒い冬の夜。

昔話に出てくるおじいさんみたいになってきた。
火を使う技は持ってます。マッチも擦れない近代人に比べたら、私「原始人」です。

« ツマグロヒョウモン羽化 | トップページ | キゴシハナアブ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロヒョウモン羽化 | トップページ | キゴシハナアブ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ